読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女子の子育てしながら人間磨き、週末家庭菜園

母として 妻として 女として、人として ずっとずっと美しく生きていたいのです。だから、日々少しの努力をして 感謝して …。

おかえりなさい が言えなくて…

f:id:murasakikanasya:20160623023553j:image

夫と結婚して来年で10年になります。

付き合ってからは 何と 15年位?

知り合ってからは 20年以上?

とにかくながーい付き合いなのです。

そして、年上妻なので、様々な決定権は私。

叱るのも私。

呆れるのも私。

そんな関係をずっと続けてきたせいか

最近気がついた事がありました。

いや、最近というより ちょっと前から

薄々気がついてました。

おかえりなさい が言えない…、

憎たらしいのではありません。

面倒くさいのでもありません。

こっぱずかしいのです。

おかえりなさいが言えないということは?

はい、行ってらっしゃい も言えません。

夫が  行ってくるね と言ったなら

2歳児を利用して、

パパ バイバーイって!

とごまかします。

あー、このままでは戻れなくなるー。

しかも、何となくこれが私達夫婦関係を

物語っているとも言えるのです。

全ての思いを封じ込め

気さくに さりげなく そして にこやかに

行ってらっしゃーい

と言えたなら どんなに素敵な夫婦に

戻れるでしょう。

玄関に飛んでいき 晴れやかに

おかえりなさーい

が言えたなら どんなに夫の疲れが

ふきとぶでしょう。

でも…でも… 何かが私を閉じ込める。